大学生 彼氏いない

大学生なのに彼氏がいない!?

大学生になっても「彼氏がいない」という人は、今はそんなに珍しいことではありません。実は「彼氏いない歴=年齢」という女性が増えているのだそうです。
大学生になって仲の良い友達に彼氏ができたりすると、なんだか急に焦りを感じることもありますよね。自分にだけ彼氏がいないことが、とても寂しく感じるのです。

 

大学生になっても彼氏ができない人の多くは、「大学生になれば自然に彼氏ができると思っていた」人が多いです。しかし、この時代に「黙っていてもやってくる」ものなどありません。彼氏がいないことを嘆く前に、自分から行動しなければいけません。

 

大学生で彼氏がいないのはなぜ?

 

一部の人を除いて大学生は、「人生の夏休み」と言われるほど自由なときです。朝早く起きなくてもOK、必要な講義だけ出て、あとはバイトやサークルに励む…。こんな生活は、社会人になったらとてもじゃありませんができません。つまり、大学生は「彼氏を作る時間がある」のです。

 

それなのに彼氏がいないのは、なぜなのでしょう。考えられる理由は、大きく分けて2つあります。1つめは「回りに男性がいない」こと、そして2つめは「自分自身に何か問題がある」ことです。大学生の出会いの場といえば、やはりサークルやバイトでしょう。

 

しかし、これらの場にいい人がいなければ彼氏はできません。2つめの「自分自身の問題」ですが、これはいくつか考えられます。たとえば「完璧すぎる」「言葉遣いが悪い」「清潔感がない」「ノリが良すぎる」などです。あの子かわいいのになんで彼氏がいないんだろう?と思ったことはありませんか?おそらく男性ウケが悪いのです。

 

さて、それではどうしたら良いのでしょうか。このまま「彼氏なんていなくてもいい!」と開き直りますか?「いつかできるし」と思いますか?彼氏がいないのをなんとかするには、まずは「自分から行動」しましょう。出会いがないのなら出会いを作ればいいのです。

 

おすすめはインターネットの出会い系アプリを使うことです。今はまじめに恋人を探すために出会い系アプリを使っている人もたくさんいるんですよ!人気の出会い系アプリなら会員数も多いですし、サポートもしっかりしています。まずは出会い系アプリに登録をして、「彼氏いない歴」から脱出してみませんか?